ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー攻略サイト - ディシディア デュオデシムFF、DDFF012、wiki

ディシディア ファイナルファンタジー攻略サイト
暗闇の雲、カオス側の登場キャラクター
このコンテンツではディシディア ファイナルファンタジーで登場するキャラクターの攻略情報をしています。
カオス側キャラクター、暗闇の雲のブレイブ攻撃、アビリティ、EXバーストなどのデータを掲載しています。











DISSIDIA duodecim FINAL FANTASY 攻略データベース


暗闇の雲 - FINAL FANTASY III
CV:池田 昌子

光と闇の均衡が崩れた時に現れる全てを無に還す存在。
雲のように舞い、体にまとった触手で攻撃をしてくる。

原作では、魔道士ザンデが引き起こした闇の氾濫により1000年の時を越えて復活。

全てを消し去るため、光の戦士の前に立ちはだかった。

「DDFF」の予約はこちら!

ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー 特典 キャラクターデータダウンロードカード同梱

DISSIDIA 012[deodecim]オリジナル・サウンドトラック(初回生産限定盤)(DVD付)
関連書籍 ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー アルティマニア -RPG SIDE-
ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー アルティマニア -アクションSIDE-

ブレイブ攻撃
アビリティ名 地上/空中 習得Lv CP マスターAP 備考
痛みの触手 地上 初期 45 140  
苦しみの触手 空中 初期 45 120  

ブレイブ攻撃
アビリティ名 地上/空中 習得Lv CP マスターAP 備考
高射式 波動砲 地上 初期 40 180  
波動球 空中 初期 40 180  
広角式 波動砲 地上 5 40 180  
報復式 波動砲 地上 10 40 180  
潜地式 波動砲 地上 19 40 180  
報復式 波動砲 空中 40 180  
追尾式 波動砲 地上     300  
零式 波動砲 空中   300  
乱打式 波動砲 空中     180  

EXモード
「闇の氾濫!」見た目が原作最終バトル時の姿になる
ボーナス キャンセル波動砲:攻撃時の硬直をキャンセルしてHP攻撃が可能となる
リジェネ:HPが少しずつ回復
EXバースト 技名 コマンド、効果 備考
超波動砲 ○ボタンを長押ししてゲージを溜めたのちボタンを離す -

アナザーフォーム
-


有効戦術
絶望だけ!
ってなわけで始まりました第3回! 『暗闇の雲』編!

雲様ですが、もう初期段階でかなりの実力をお持ちなので、
それほど書くことは無いんですが、コンボとかの案を幾つかね。

あと、弱点とか。 まず、コンボ↓
・『苦しみの触手』→二段目ヒット中に○→「踊り狂え!」と
  雲様の周囲に触手が乱舞=ブレイブ稼ぎ&ブレイブBREAK狙い

・『苦しみの触手(乱舞)』→『波動球』で牽制
  →『広角式 波動砲』で迎撃
  →『報復式 波動砲』で迎撃

・『苦しみの触手(乱舞)』→『零式 波動砲』―(EXモード中)→『超波動砲(EX)』
 『苦しみの触手』の乱舞はヒット数が多いので、ブレイブを稼いだりしやすいです。

若干のノックバック効果も見込めるので、
敵の位置や戦法 如何でどうとでも対処できるのが雲様の強み。

広角式で広範囲攻撃も出来るし、避けにくい零式からEXバーストにもって行くもよし。
恐らく、HP攻撃最多のキャラなので、運用しやすいといえばしやすいキャラ。

で、弱点。
・少し攻撃の出が遅い。常にHP攻撃で牽制し、距離をとって戦う事。
・近距離戦が苦手。中〜遠距離で戦う事。 他のキャラにも言えることですが、
 相手が戦いにくい位置で自分に戦いやすいポジションを維持し続ける事が大事です。

雲様の場合それが結構な範囲で戦えるので、自由度が高いです。

情報提供、カオル様、ありがとうございました!


関連リンク

登場キャラクター

ウォーリア オブ ライト フリオニール オニオンナイト
セシル バッツ ティナ クラウド スコール ジタン ティーダ

ガーランド 皇帝 暗闇の雲 ゴルベーザ エクスデス ケフカ
セフィロス アルティミシア クジャ ジェクト

シャントット ジャッジ・ガブラス

ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー 特典 キャラクターデータダウンロードカード同梱
DISSIDIA 012[deodecim]オリジナル・サウンドトラック(初回生産限定盤)(DVD付)
ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー アルティマニア -RPG SIDE-
ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー アルティマニア -アクションSIDE-